膣トリコモナス感染症の治療の流れ

膣トリコモナス感染症の治療の流れ

膣トリコモナス感染症に感染すると婦人科などで
治療する必要があります。

膣トリコモナス感染症の治療では薬物療法が基本
となります。

通常、メトロニダゾールという抗原虫薬、抗菌薬を
しようします。

このメトロニダゾールはトリコモナス原虫に対して
殺虫効果があります。

トリコモナス原虫を殺すことで症状をなくします。

女性の場合であれば膣に直接作用させる膣剤を併用
します。

一般的に、膣トリコモナス感染症の治療では約10日間
服用を続けます。

自己判断で途中で服用をやめてしまうと再発するので
気をつけましょう。

メトロニダゾールの副作用はあまりないのですが、食欲不振
や胃もたれ、吐き気などがあります。

症状のひどい方は主治医に伝えましょう。

服薬により自覚症状が無くなったり、膣トリコモナスが消失
すれば完治です。

女性であれば次の生理の後に再検査をするとよいでしょう。

タグ

スポンサードリンク

あわせて読みたい

管理者情報

このページの先頭へ